妊活!排卵誘発剤が通販で買えるって知ってた?   >   排卵誘発剤の効果・妊娠率

排卵誘発剤の効果・妊娠率

男性医師の説明

不妊治療を受ける際の検査で排卵障害が見つかったり、生理不順で排卵するタイミングがはかりにくい場合は排卵誘発剤を使う事があります。

排卵誘発剤の効果や、使用した場合の妊娠率はどれほどなのか気になる所ですよね。排卵誘発剤の効果や妊娠率を見ていきましょう。

排卵誘発剤の効果

排卵誘発剤は脳下垂体に働きかけ、卵子を成熟させ排卵させるホルモン分泌を促します。薬を利用することで卵胞を成熟させ複数の卵子を育て、良質な卵子が排卵することで妊娠率を上げる事が出来るお薬です。不妊の原因は機能的なものから免疫系の問題、原因不明なものまで様々ですが、正常な排卵が行われない事によって引き起こされる不妊に排卵誘発剤の使用度は高いでしょう。排卵誘発剤には服用薬と注射薬があり、注射薬の場合は直接薬の成分が作用するため、効果は高いですがその代わり副作用のリスクも上がります。服用薬の場合は注射薬に比べると効果は下がるもののリスクも低く、穏やかです。どちらを選択するかは女性の体や意識次第といったところでしょう。クロミッドはポピュラーな排卵誘発剤で良く使用されます。クロミッドは生理5日目から1日1錠(50mg)を5日間服用し、服用から1週間〜2週間ほどで排卵が起こります。

排卵誘発剤の妊娠率

クロミッドを服用した場合の排卵誘発率は第一無月経で60〜70%、無排卵周期症は80〜90%の高確率となっています。第一無月経とは排卵や生理が来ない状態の比較的軽いものを指し、無排卵周期症は生理はあるが排卵が起こらない症状を指しています。ま健康な夫婦が避妊をせず性行為を行った場合の妊娠率は約20%前後で、不妊に悩んでいる夫婦が排卵誘発剤を利用した場合、服用薬で約20%、注射薬で約30%になり、健康な夫婦と同じ妊娠率まで向上させる事ができます。

Copyright(c) 2019 妊活!排卵誘発剤が通販で買えるって知ってた? All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com