不妊症は男女ともに

背を向け座る外国人カップル

現在5.5組中1組のカップルが不妊に悩んでいると言われています。

健康なカップルが避妊しないで性行為をした場合、1年では80%、2年では90%の人が妊娠する事が出来るそうです。不妊症と位置付けされるのは1年以上妊娠の傾向がない場合を表します。

昔は不妊の原因となると女性ばかりにフォーカスされていましたが、現在では男女ともに半々で要因がある事が分かっているのです。不妊症かもしれないと思ったら、夫婦そろって病院へ検査を受けましょう。

不妊症は健康上は何も問題がない人であっても起こりうるものです。不妊症の原因はおおよそ特定できるものもありますが、原因が不明な事もあります。実は妊娠までのメカニズムは完全に解明されておらず、神秘の領域でもあるからです。不妊症の原因についていくつか挙げてみましょう。

男性不妊

男性不妊の場合、造精機能障害がその原因の90%を占めます。造精機能障害とは精子を作る出す機能に障害がある事を指します。受精するには正常で健康な精子である事が必要不可欠です。精子の状態として

  • 精子無気力症(精子の運動率が低い)
  • 精子奇形症(奇形精子が高い)
  • 欠精子症(精子濃度が低い)
  • 無精子症(精液に精子がいない)
  • などが挙げられます。排卵誘発剤のクロミッドは男性不妊の治療に使用でき、男性が服用すると睾丸に直接働きかけることで男性ホルモンを活性化し、造精機能を高める事が出来ます。

    女性不妊

    女性の場合、不妊の原因として多くみられるのが

    「排卵障害」「卵管障害」「子宮着床障害」

    と言われています。

    排卵障害は卵胞が育たず受精卵になりえる卵子が排卵されません。卵管障害の卵管とは、受精卵を取り込み子宮へ送る役割を果たします。この卵管が癒着していたり炎症や奇形があったりした場合は子宮へ受精卵を送る事が難しくなり、着床にいたるまでが困難になります。

    受精し子宮内に送られた受精卵が着床する事で妊娠成功となりますから、子宮内膜に異常があったり薄かったりするとなかなか着床できせん。これを子宮着床障害と言います。

    Copyright(c) 2019 妊活!排卵誘発剤が通販で買えるって知ってた? All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com